敬遠しがちなバーテープ交換。シリコンタイプなら簡単だ。

   


41UWlfuYMhL._SX355_
誰かが言った・・・
バーテープは消耗品である。

そうなのだが、
自分で交換するとなると
気が引けてしまう。

簡単に交換するために
ポイントを抑えれば
自然とできるようになる。

スポンサードリンク

必要なもの

①交換するバーテープ
②ビニールテープ
③ハサミ

今回使用するのは
シマノが出している
シリコンタイプのバーテープ

初心者にやさしく
張り直しがしやすい
良く伸びる。

ということでこれを
使います。
IMG_1324

まずは既存バーテープ
全部剥がして
ブレーキワイヤーが
固定されているかチェック。

していければ
ビニールテープで
固定をする。

次に
重要な巻き方。

スタート地点はハンドルの
下から始める。

進行方向にした時
左バーは時計回りから
右バーは反時計回りで巻き、
左右の握りを整える。

ポイント
IMG_1325
粘着の半分を
目安に巻いていくと
綺麗に整えられる。

そして
たすき掛けの部分

コントロールレバー部分は
短く切ったバーテープを
使用する。

因みに
箱の中にあるので
それを半分にきる。

ブラケットカバーを戻したとき
ハンドルバーが見えないように
するためである。

上手くいけば
そのテープを使わなくても
巻けるようになる。

その後
くるくる巻いていき
バーテープ最後の時は
テープが垂直になるように
斜めにカット

バーテープの巻き終わりは
下になるようにすると
見栄えが良くなる。

フィニッシングテープを
(ビニールテープ)
巻いてしっかり止める。

完成‼
IMG_1328

反対も同じようにすれば
綺麗にできる。

尻込みしてしまうかも
知れないが
実際にやってみると
難しくはないのと

シリコンバーテープは
非常に巻きやすい。

握りも悪くない

是非やってみてくれ。

 - メンテナンス