クロスバイクにカゴを取り付けしてママチャリ化計画!

   

Pocket

クロスバイクは元々カゴもなく
ドロヨケもついていない。

通常のママチャリがいいとこは
カゴがついていて
雨の日の為のドロヨケがついている。

普段使いのクロスバイクに
カゴを付けてみました。

スポンサードリンク

どんな種類があるのか?

クロスバイクに付ける
カゴは大きくわけて3つ。

①ハンドルひっかけタイプ
②Vブレーキにキャリア取り付けして、カゴを取り付けするタイプ。
③フロントフォークに支え棒取り付けしたタイプ。

①はブレーキ干渉しやすく
ブラブラするので安定しづらい。

③はあまりタイプとして見ないので
コメントなし。

今回紹介するのは
Vブレーキタイプとなります。

今回使用する車体は
ジャイアントの「CROSS」

2014年モデルで
同じのは出ていないが
エスケープでも問題はない。

純正でフルフェンダーも売っている。

カゴはマイパラスの
カゴ、キャリアがセットに
なったタイプ。

説明書を読みながらなら
簡単に取り付けできるように
なっている。

その際に
Vブレーキアーチに
当たらないようにする

干渉するなら、台座の向きを
替えてみたりしてください。

このように
取り付けを行えば
カゴは簡単に装着

横から見てわかる通り、
少しブレーキ、シフターケーブルが
押されてしまっている。

取り付け完了後は
ブレーキのあたりを確認
(片効きになっていないか)

ギアも念のため確認する。

これでママチャリ化となった。

スポンサードリンク



 - 部品・アクセサリー