ロードバイクのギアやチェーン。ピッカピカの洗車第2弾

   

Pocket

IMG_1547
長らく走っていれば
愛車も汚れてくる。

さらにいえば
スプロケットなど
なかなか見ない部品も
汚れてパフォーマンスも落ちる。

今の時期は暑いので
家でも簡単にできるやり方で
紹介する。

スポンサードリンク

準備をしよう

前回でも
紹介したものを使用するが
さらに新しいメンテ道具も使う。
>>水洗いなし!?チェーンをきれいにして、作動性をよくしよう

最初の画像でもあったように
レース後で輪行バックから
出した状態である。

IMG_1549
黒く汚れているのが
おわかりだろうか?

ここに
チェーンクリーナーで
汚れを浮かし
ブラッシングして
マルチフォーミングクリーナーで
落とす。
IMG_1552
そうすると
この黒い液体が
油汚れである。

IMG_1550
そして
新しい「ギアフロス」を使う。

一枚一枚
汚れをふき取り
その後チェーンクリーナーで
吹き飛ばす。

あとは
ウエスで
拭き上げすればピカピカ。
IMG_1551

圧倒的な光沢。
ここまで変わるのか
というほどである。

その後は
チェーンをきれいにする。
IMG_1553
これは綺麗にした後の画像。

最後は注油

何故チェーンを綺麗にしなければいけないのか?

チェーンの汚れの正体は
チェーンオイルと埃、
砂、土、ギアの
破片金属とかが
チェーンオイルによって
チェーンにくっつくものではないか。

その状態だと
噛み合わせがあまりよくなく
摩擦が発生するため
ロスが出てしまう。

漕ぎやすさが変わるのだ。

■ ポイント
チェーンがいい状態とはどのような状態のことを言うのか?

和光ケミカルの担当の方にききました。
A.リンクのじゃりじゃり感がなくスムーズに動くもの

状態の悪いチェーンは
いつまで掃除をしても
じゃりじゃり感が取れないそうです。

なので、
かなりの距離を走ったなら
チェーンを交換するのがいい。
おおそ3000~4000kmくらい

基本的には
自転車はピカピカに
するのが一番いいということだ。

 - メンテナンス