GIANT2017年カタログをGET‼

   

Pocket

img_0441

毎年発行される
メーカーカタログ

これだけで
書店にある雑誌くらいの
ページ量があります。

Webでも製品情報は見れるけど
本にしてみてみたいものだ。

スポンサードリンク

というのも、
自転車のカタログだけでなく
パーツ情報も載っている。
img_0443

他にもホイールだったり

img_0442

他にもハンドルだったり
ステムの部分だったり

どうしても
パソコンで見ると
バラバラで見づらいし、
どんなものがあるか
探すのが面倒というのもある。

img_0444

そういった意味では
本として手に入れたほうが
徐々に自転車へ
興味が向いていくことになるだろう。

 - アクションカム