「忘れがち」レース出るなら保険は入らないと危険

   

Pocket


ロードバイクに慣れてきて
一度はレースに出てみたい
と思う頃だろう。

レースに出るにあたって
注意点を書いておこう。

スポンサードリンク

①メンテナンスはしっかりと!

ほとんどのレースは
自転車店にて、点検を受けて
ハンコなどもらったうえで
レースに参加できる。

未整備の自転車ほど
危険なものはない。

②保険はしっかり入ろう。

ここで一番重要なのが
自転車の保険に関して

よく言われているのは
「TSマーク」
車や火災保険などについている
任意保険。
auが出している保険などがある。

これがあれば事故は大丈夫・・・

と思っている人が多い。

項目をしっかり読んで
欲しいのだが、
レースでは一切支払いがない
保険が下りないものになっている。

あくまでも公道。

レースに関しては
レース専用の保険じゃないと
いけない。

一応「au損保」の
ワイド版保障には
レース中のけがも可になっている。

※競技中のけがには、自転車に関するけがの2倍補償は適用されない。

レース中の死亡事故もあるので
保険は絶対に加入したほうがいい。

レースによっては
この保険に入れますよという
案内もあるのでよく参照してほしい。

保険会社まとめ

リンクが貼られています。

au損保

普段やレースも
対応しているのでお勧め

グッド保険サービス

これは対人ではなく
自転車が破損した場合
自転車にかける保険だ。

カーボンフレームなどの
高級車だったら入っておきたい。
レース中もOK

みんなのスポーツサイクル保険
SBIグループの車体保険。

盗難や破損に対応している。

保険に関することなので
必ず会社に問い合わせ
してください。

番外編
シマノ鈴鹿サイクリストのための「知っておきたいレースの基本」

スポンサードリンク



 - 初めての方(初心者)