JR東海道線に自転車投げ込む? 角材、傘も散乱 列車往来危険容疑で滋賀県警捜査 

   

Pocket

3日午前10時50分ごろ、大津市大江のJR東海道線瀬田-石山駅間で、パトロールしていたJR西日本の作業員が線路脇に自転車などが散乱しているのを発見。

滋賀県警鉄道警察隊に通報した。

大津署が列車往来危険容疑で捜査している。

スポンサードリンク

同署によると、列車に接触して壊れたとみられる子供用自転車やビニール傘、長さ70~80センチの角材の計3点が見つかった。

9日には今回の現場から東に150メートル離れた地点で、角材やゴルフクラブなど約20点が散乱しているのが発見されている。

同署は同一犯の可能性も視野に捜査を進めている。

(産経WESTより)

 - 自転車ニュース