見た目を損なわないKNOGのバイシクルベル「Oi」

   

Pocket

自転車のベル。

特にスポーツ車を乗っている人だと
場所や見た目を損なうため
自分から取り外す人も少なくない。

しかし、KNOGのベル「Oi」は
見た目を全く損なわない。

スポンサードリンク

クラウドファウンディングKICKSTARTERで資金を調達し開発

KNOGのデザイナーとエンジニアが
アルミニウム素材をCNCマシンで加工。
厚み、幅、素材、曲線の
試行錯誤を繰り返し、
今までの ベルの形を
一新する最高のベルを追求。

一般的な自転車用ベルというと、
ドーム型でハンドルバーから
ちょこんと出ていて、
とてもスポーツバイクに
似合うものではなく

場合によってはスポーツバイクの
デザインを台無しに。

クロスバイクに「SMALL Oi」・ロードバイクは「LARGE Oi」

ハンドルバー径に合うように
サイズは2種類。
22.2mmの「SMALL Oi」
23.2(付属シム使用)
25,4/26/31.8mm対応
「LARGE Oi」
2モデルがラインナップ。

クロスバイクや一般車は
スモールサイズ。

ロードバイクはラージサイズが
オススメだ。

尚、筆者はスモールを買ってしまい、
無理やりロードに付けようとしたら
折れてしまい、
泣く泣くママチャリに取り付けした。

折れてもなんとかついて
音もしっかりなる。

クランプ時にケーブル類をまとめる
ことができる溝もつけれており、
細かいところまデザインされています。

実際は付けないといけないの?

一応、法律によって定められています。

ついていないと
車両違反になってしまう。

万が一、事故が起こった場合
保険による減額だったり、
相手からベルがついていないことによる
車両不良を指摘された場合、
不利になることがある。

自分自身を守るためにも
つけてください。

スポンサードリンク



 - 部品・アクセサリー