シマノ鈴鹿ロードで新型デュラエース「R9100」公開

   

Pocket

dr1

バイクアクセサリーブランドのシマノは8月20日、開幕した自転車イベント三重県「シマノ鈴鹿ロード」の会場内で、ロードバイク用のハイエンドコンポーネント「R9100 デュラエース」を展示。

スポンサードリンク

R9100シリーズのクランクセットは、最適化された究極のパワートランスファーを達成。

ワイドな ホローテック II アームと、独自の非対称4アーム スパイダー構造、さらに強化されたアウターギアによる最高の剛性と軽さは、新たなベンチマークとなる。

カセットスプロケットは
ローギア5枚がチタン製の軽量設計。さらにワイドレシオな11-30Tをあらたにラインアップ。あらゆる状況で、素早く、正確かつスムーズな変速性能を発揮します。

 参加者らの質問に応じていたシマノセールスの島田真琴さんは、「メカニカルな質問が多いですね。ブレーキキャリパーに剛性を上げるブースターを追加したり、スプロケットが30Tまで対応したリアディレーラーになったことなど、詳しく説明しています」と話し、「今までデュラエースをお使いだった方も、ぜひ注目していただきたいです」とアピールした。

cyclistより(シマノduraace)

 - 自転車ニュース