シマノ製コンポーネントを解説。グレードの差とは?

   

Pocket

e0089826_23203189
自転車屋に行くと
価格表の特徴に
105とかSORAとか
書いてあったりします。

コンポとは、一般的には
「フレーム、フォーク、
ホイール(車輪)、タイヤ、
サドル、ハンドル」を除いた

自転車のすべての
パーツのことを指します。

「ディレイラー(変速機)
ブレーキや変速のレバー
BB(ボトムブラケット)
ギア」などがまとめて
コンポと呼ばれるものです。

スポンサードリンク

大体コンポには

最大手の「シマノ」
レジェンドの「カンパニョーロ」
台湾から「テクトロ」
などなど出てきています。

一般的には「シマノ」ですね。

シマノのコンポーネントのグレードは、
下から、SORA(ソラ) → TIAGRA(ティアグラ) → 105(イチマルゴ) → ULTEGRA(アルテグラ) → DURA-ACE(デュラエース) という順番になっています。

このうち105は
上級モデルの位置づけで、
メーカーからレースにも
対応できるコンポとして
発売されています。

105をおすすめしたい
ユーザーは、市民レースに
参加したい方や、
ロードバイクに乗り馴れて、
長距離ライドに
頻繁に出かける方々。

SORA などの
エントリーモデルに比べると、
上位のモデルは動きが
正確でスムーズ、かつ操作性が良く、
パーツ重量が軽い、
と言われています。

例えばブレーキならば
レバーを引いたときの反応が良く、
ディレイラーならば
軽いタッチでスムーズに
変速ができます。

DURA-ACEだけ別格

しかし、DURA-ACEクラスの
モデルになってくると、
そこまでの性能が必要か
どうかは疑問が残ります。
duraace9000set
軽さやパーツ剛性は
上のモデルになるほど
高スペックになりますが、
ULTEGRA とDURA-ACE の
性能を比べても、

趣味の世界と
言っていいような
微妙な差になっていきます。

金額面でいえば

おおよそ3倍の差があります。

その代わり、素材がチタン。
チタン歯摩耗も少なく、軽い。

DURA-ACE は、
コンマ1秒を争うような
プロレーサーに必要なスペックで
作られているものです。

購入資金に余裕があれば
おすすめしますが、
プロでもない限りは
あまり必要ないコンポ。

正直、コンポは消耗品である。

なので、アルテグラくらいが
ちょうどいい。

パーツを交換して
手を加えた自転車は、
より愛着が湧きますし、
気持ちよく走るものです。

走るだけでなく、
手を加えてみる、
ということも
自転車の楽しみのひとつ。

一度やりはじめると、
あれも欲しい、
これも欲しいとなりますが、
足を踏み込んでみても
良いかもしれません。

 - 初めての方(初心者)