ESCAPE R3 2016年と2017年モデルの比較 ジャイアント

   

Pocket

17_ESCAPE_R3_blog

2017年モデルに切り替わり
旧モデルが無くなってきたこの頃
「なんで価格が新型が安いの!?」

と聞かれることがよくあります。
そこで、2016年モデルと何が違うのだろうか?

スポンサードリンク

まずフロントディレーラー
2016年モデルは、アルタスグレードの「M191」
2017年モデルは、ターニーグレードの「TY710」

フロントディレーラーについては、2016年モデルのほうが上位グレードとなります。

そしてシフター
2016年モデルは、アルタスグレードの「EF51」
2017年モデルは、同じくアルタスグレードの「EF500」
新型のほうがいいものを使用している。

次にタイヤ
2016年は「MAXXIS DETONATOR」。
定価で3.600円+税のタイヤで重量は310g

2017年モデルは「KENDA K-193」。
タイヤは片側で77g重たくなってます。

2016年モデルは10.2kg、

2017年モデルは10.7kgと500g重たくなってます。
価格は定価で5.000円+税で安くなっているけど
そんなに気にならないなら新型でいいかな?

走ればタイヤもすり減り
同じ物ではなく、
大体耐久高いパナレーサー製を使ったりするので
お手頃でいいかもしれません。

 

 - クロスバイク