東京都とau損保が自転車安全利用へ協定締結。

   

Pocket

tokyo_au_1

東京都とau損害保険(au損保)が
ヘルメットの着用促進などの
取り組みを展開することとなり、
7月29日に東京都庁第二本庁舎で
協定締結式を開催した。
東京都が自転車の安全利用に関して、保険会社と協定を締結するのは初めてとなる。

スポンサードリンク

保険料の一部をヘルメット購入などに活用

今回の協定は、au損保の自転車保険(バイクル、バイクルベスト、サイクルパートナー)に加入している都民が支払った保険料の一部を、東京都に提供し、ヘルメット購入などの安全利用の推進に役立てるというもの。

今後、実現に向けて取り組みを進め、どのようなヘルメットを購入するかといった収益の使途は、東京都が判断するという

(ぎょにくニュースより)

 - 自転車ニュース