アルテグラホイールにスプロケット交換をしてみよう!

   

Pocket

IMG_1263

最初にパーツパップグレードするのは
ホイールからになる。

というのも、
ホイールが他のパーツに比べ
おざなりにされる完成車が多い。

一番体感しやすく
手ごろなホイールを交換してみた。

スポンサードリンク


アルテグラのホイールは
リムバンドが不要であり
チューブレス対応である。

IMG_1264

私はチューブありで
行ったが・・・・

amazonで簡単キットが売っていて
その道具で今回紹介する。

大体の工具はそろっているけど
使えなくはない

まず必要な道具が3つ
①フリーホイールリムーバー
②スプロケットリムーバー
(フリーホイールホールドレンチ)
③8mmヘックスレンチ
(メガネレンチで対応化)
IMG_1266

せっかくなので
スプロケットを洗浄する。

チェーンクリーナーと
マルチフォーミングクリーナーで
ピカピカにする。

そりゃせっかく新しい
ホイールならピカピカにしなくちゃ。
IMG_1269

その後、3つの道具を
このようにして固定して
スプロケットのロックリングを外す。
IMG_1267

因みにメガネレンチがあれば
クイックリリースで
フリーホイールリムーバーを固定し
動かなくなれば安定して回せる。

そしたら、新しいホイールに
移し替えをする。

はめる前に
フリーボディにグリスを
塗っておくこと。

そしたら
ヘックスレンチ(メガネ)で
固定すれば完成。

スプロケリムーバーは
使わなくても固定してしめれる。

意外と簡単だが…

やってみれば簡単だが
スプロケット外す際に
単体ギアがボロボロ落ちて
嫌になると結構聞く。

特定の位置にしかつけられないから
落ち着けばできる。

ただ、手間と確実を
求めるなら自転車店で
やってもらうの手だと思う。

専用工具なら工賃と
ほぼ同等であるからだ。

 - メンテナンス